子供達に、野球を教えています

久田和弘さんは少年野球チームの監督を務めている方です。
子供の頃から人一倍体が大きかった為、神童と言われ将来を嘱望されていました。
中学校へ進学すると同時に野球部へ入部し、厳しい競争を勝ち抜きレギュラーポジションを獲得するようになります。
走攻守三拍子揃った逸材がいると、プロ野球チームのスカウトの方が視察に訪れる程だったのです。
野球の名門校と呼ばれる高校へ進学し、憧れの甲子園でプレーする機会にも恵まれました。
その後地元にある企業で働き始めたのですが、大好きな野球に携わっていたいとの思いは薄れる事がなかったのです。
そんな時知り合いから声を掛けられ、久田和弘さんは少年野球チームの監督を任される事になりました。
久田和弘さんは今日も真剣な眼差しで、子供達の練習風景を見守っています。
単に技術を教えるだけではなく、礼儀作法等にも重点を置き厳しく指導している為父兄からは好評を博しているのは言うまでもありません。

ページのトップへ戻る