給湯器の訪問販売の法律は厳しいのです

この時期ですから、給湯器が使えなくなると大問題ですよね?
ですから、工事をしたり買い換えたりするわけですが、さてみなさん訪問販売といえば何を連想されますか?
私としてはセールスマンがピンポンと鳴らして、商品を販売することを言うと思うのですが、給湯器の特に工事に関するものが厳しいのです。
どういうことかといいますと、訪問営業はもちろんのことですが、電話営業を行った場合でも、契約締結を営業所外で行う場合は、訪問販売となって厳しく規制されるのです。
私も覚えがありまして、ガスの給湯器が結構古くなると、ガス漏れの心配があるといわれたので買い換えたことがありますが、やはりそういって不安をあおることがあるので、冷静に考える期間が必要ということなんでしょうね。
そういうわけで店舗以外で契約されて、まずいなあと考えられている方は、クーリングオフの対象になることがあります。
ですから、本当にいいものかを見極めたうえでそうでないならば、冷静に考えることをお勧めしたいなあと思います。

ページのトップへ戻る