悪性の場合にもほくろ除去を

実はほくろにもガンがあるのです。
一時期メディアで紹介されて非常に大きな話題となったので、ご存知の方も多いのですが、黒色腫といわれているものがほくろのガンにあたります。
よく迷信などである部分にできたほくろはガンであると考えている人も多いのですが、全くそんなことはありません。
実はどこにあるのかが問題なのではなく、形や色、そして大きさが大きな焦点となっているのです。
たとえば、形が悪くゆがんでいびつな形をしていたりちょっと周囲が丸くなっていないなどの場合であったら、できるだけ早く医療機関に出かけてカウンセリングを受けておくことをお勧めいたします。
また、年々大きさが変わって大きくなっている場合も、医療機関でのカウンセリングを早急に行うことが大切です。
なぜなら、これらは悪性の黒色腫といわれているものの大きな特徴だからです。
周りがまだらであったり、更に一つの大きいものなのに部分ごとに色が違うなどの場合にも、カウンセリングを受けておき、違いを確認しておくことで安心できます。
悪性か良性であるかを確認し、もし良性であってもコンプレックスになっている場合にはほくろ除去を適切に行うことによって、毎日安心してストレスの少ない生活を送れます。

ページのトップへ戻る