秘密を守る暗号化ソフト

昔は情報を管理するのが、楽だったかもしれません。
最近ではインターネットを使ったりした情報交換があるため、重要な情報をしっかり管理するのが難しくなってきています。
個人で使うデータだけなら、個人が頑張れば問題ないのですが、会社等、複数の人間が利用するものの場合、情報の管理が非常に大変になってきます。
自分が特定の人だけに閲覧を許しても、その情報が他の人に利用される危険もあるでしょう。
このようなことを心配していると、多くの人が関わる企画といったものが非常に難しくなります。
もし、情報をしっかりと管理したいなら、暗号化ソフトを利用するといいでしょう。
暗号化することで、外部の人に情報を閲覧されることを防ぐことが出来ます。
会社の重要な情報を社員がしっかり管理していても、退職する社員が大事なデータを持ち出すこともあります。
このようなときに活躍するのが、FinalCodeです。
このソフトは、特定の人間にのみ、ファイルの閲覧を許可することが出来ます。
特定の人に許可を出した後でも、閲覧できる人を変更することが出来るため、情報が外部に漏れても、閲覧されるのを防ぐことが可能です。
必要な時間だけ、相手に閲覧を許可するといったことも出来るため、大きな企画でもこのソフトがあれば安心でしょう。

ページのトップへ戻る