系列に頼っていられなくなった自動車部品メーカー

日本の自動車部品メーカーは、ほとんどが完成車メーカーの系列です。
企業数は多いものの、完成車メーカーの系列として部品を納入するだけところがほとんどです。
完成車メーカーがトップに君臨し、その下に数多くの系列が連なる、これがいわゆるカンバン方式と呼ばれるジャストインタイム生産システムを支えてきたことは確かです。
しかし、現在のサプライヤー企業は、部品を納入するだけでは成り立たなくなってきています。
しかし、ボッシュのように、多くの人材を求めて採用をすすめているサプライヤー企業もあります。
それは、ボッシュの事業戦略に基づくものです。
今後の発展のため、日本だけでなくアジア・太平洋地域、さらには世界を見据えた事業戦略を展開するには人材が必要です。
東南アジアで自動車の需要が高まれば、国内の需要がかまることが期待されています。
アジアの拠点が順次拡大していることから、その運営を任せられる人材が必要になるのは当然でしょう。
将来の需要拡大を見込み、ボッシュでは未来を託せる人材の採用を急いでいるのでしょう。
また、これまでにないイノベーションを実現するには、これまでにない力を持った人材も必要です。
そこで、ボッシュでは、自動車にだけこだわらず、さまざまな分野の才能を集めるため採用サイトを立ち上げています。
このように、人材の確保を真剣に行っている企業が生き残っていくのかもしれません。


ページのトップへ戻る