交通事故の慰謝料請求の相談は誰にする?

交通事故で被害に遭い、損害賠償請求の話し合いをするというとき誰に相談すればいいのでしょうか。
まず、車同士の事故で任意の自動車保険に加入いるケースでは、加入している保険会社に連絡を入れます。
損害保険会社の担当者どうしで交渉の席を持つほか、より有利に話し合いを進めたい場合には損害保険会社と提携している弁護士を依頼することができます。
自動車保険のオプションやサービスで弁護士費用特約がついていれば、自己負担を抑えて利用が可能です。
弁護士は交渉のプロフェッショナルであるうえ、依頼者の利益に適うことをモットーとしているので、慰謝料の金額などもより有利になることが期待できます。
歩行者や自転車の事故の場合も、自動車保険で家族が車以外の交通事故に遭った際にも弁護士費用特約が使える場合があったり、加入している傷害保険などで特約が付いている場合もあるので確認をしてみましょう。
費用の負担は特約があれば安心ですが、特約がないケースでもコスト負担を気にして依頼せずにいると、かえって満足のいかない結果が生じてしまいます。
弁護士費用はかかっても、より大きな慰謝料が獲得できるケースがほとんどなので、コストをかけるだけの利益が得られるのです。

ページのトップへ戻る